起業資金

起業資金はどれくらい必要か?平均金額と資金調達方法をご紹介

「学生のうちに起業したい」と考えている人にとって、起業に必要な資金額と資金の調達方法は最も気になることでしょう。起業に必要な資金は、起業の方法や内容によって異なります。また、起業に必要な資金調達方法も複数あるので、自分にあった方法を選ぶことが大切です。今回は、学生が起業する際に必要な資金の平均金額や資金調達方法を紹介しましょう。

 

 

起業する際に必要な資金は起業の方法で異なる。

 

起業をするならば、資金が必要です。必要な起業資金というと百万円単位のお金が必要と考えている人もいるでしょう。しかし、起業方法や起業の内容で必要な資金は異なります。

 

 個人事業主として起業する場合

 

「開業届」を納税する管轄の税務署の署長あてに提出すれば即開業可能です。届け出をする際、手数料などは必要ありません。ですから、「個人事業主」として開業する場合、起業だけにかかる資金はありません。運転資金を確保すれば、すぐに起業ができます。

 

 株式会社や合同会社など「会社(法人)」を設立する場合

 

開業するための費用が必要です。費用の内訳は、公証人手数料・定款印紙・登録免許税代・定款謄本代となります。

 

株式会社を設立する場合は、合計で約24万円、合同会社の場合は10万円程度と法人の種類によって必要な費用が異なるので覚えておきましょう。

 

また、電子定款認証を利用する場合は、定款印紙代(約4万円)がかからないので、より少ない資金で起業が可能です。なお、これとは別に資本金が必要ですが、現在は資本金1円でも起業ができます。

 

個人事業主として起業した方が、開業に必要な資金がかからないので、より起業のハードルが低くなるでしょう。しかし、社会的信用度は法人の方がはるかに高いので、将来を見越すならば最初から法人として起業するのもおすすめです。

 

 

起業する事業の内容によっても費用が異なる

 

起業するには、開業にかかる費用以外に事業を行うための費用が必要です。最初から店舗を構えて商品を仕入れたり、オフィスを借りて電話やパソコンを揃えたりすると、平均して数百万円の費用がかかります。学生のうちにそれだけの費用を起業資金として確保するのは大変です。

 

一方、webサービスやスマホアプリを開発したり、ネットショップを開設したりするなら、数千円の元手があれば起業できるケースもあります。

 

起業資金を集められるあてがないからといって諦めるのではなく、資金がかからない起業方法を考えましょう。学生のうちに起業する場合、社会人より制約を受けることが多いものです。そこを工夫やアイデアで乗り越えることができれば、起業した後で困難に突き当たっても、乗り越えていくことができるでしょう。

 

 

資金調達方法を考えよう

 

起業するにあたり、資金調達方法も複数あります。最も簡単な方法はアルバイト等でお金を貯めることです。時給のよいアルバイトならば、数十万円程度ならば調達ができるでしょう。

 

もう少し資金を集めたいという場合は、親や親族に借りる方法や、友人達と共同出資する方法があります。親や親族にお金を借りるメリットは、利息がほとんどかからないことです。また、資金繰りが苦しい場合、借金返済の期間を伸ばしてもらいやすいのもメリットでしょう。

 

 知り合いの協力を仰ぐ場合は要注意

 

ただし、お金のトラブルは人間関係を壊してしまうこともあります。親族や親だからといって甘えず、借用書を書き、返済期限を決めることが大切です。友人と共同出資する場合も、利益の分配などをきちんと取り決めて起きましょう。「友達だから」と曖昧なまますませてはいけません。

 

 親、親族、友人などに頼れない場合

 

融資制度やクラウドファンティングなどの投資制度を利用する方法があります。融資というと銀行や信用金庫を連想しますが、これら民間の金融業者は審査基準が厳しく、学生で起業したいと融資を申し込んでもなかなか受け付けてもらえないことが多いです。

 

ですから、自治体など「学生起業家」に優先して融資することを宣伝している場所を利用するのがおすすめです。また、クラウドファンティングなどを利用し、不特定多数から融資を受ける方法もあります。

 

起業する内容が魅力的ならば、資金が集まりやすいです。自分がチャレンジしたい起業内容が多くの人に受け入れてもらえるかどうかの目安にもなります。また、クラウドファンティングなどを使えば宣伝にもなるのもメリットです。

 

これ以外の方法として、学生起業家を目指す人向けに開催されているビジネスプランのコンテストに挑戦するのもいいでしょう。コンテストで一定の成績を残すことができれば、資金だけでなく企業などから注目を集めることができます。また、ビジネスプランなどのコンテストに入賞したという実績はよい宣伝にもなります。

 

 

高額な企業資金は必ずしも必要ではない

 

今回は、学生が起業する際に必要な起業資金の平均金額や資金調達方法を紹介しました。起業する場合、必ずしも高額な起業資金は必要ありません。

 

起業の方法や酒類を選べば、数十万円で起業することも可能です。融資を受けることができれば、より余裕を持って大きな事にチャレンジできますが、まずは少ない資金で起業できる方法を探してみましょう。

 

 

プロフィール

小山 大湖