学生起業

学生起業におすすめの分野とは?起業分野の特徴をご紹介

学生での起業を検討する場合、起業のメリットとデメリットを理解することが大切です。また単純な2択の問いかけだけではく、起業で成功しやすい分野を見つけるのも重要でしょう。

 

学生で起業するということは、学業と仕事を両立させなければなりません。やりがいがある分野に挑戦してもいいですが、学生の視点をいかし、トレンドや成功しやすい分野を見極めることも必要です。これから、学生起業のメリットとデメリット・おすすめの分野をご紹介します

 

 

学生起業のメリットとデメリットとは?

学生起業のメリットは、自分自身がやりたい仕事を、自分のペースでできることです。仕事が軌道に乗っていれば、就職活動も必要ありません。

 

 学生起業のメリット

 

大学生の間は学業と仕事をしていくため忙しくはなりますが、就職に向けた行動をしなくていいのはメリットでしょう。業績にもよりますが、大学生の時からアルバイト以外の収入が得られるのもメリットです。

 

また、学生起業の多くは、人件費を抑えられるという特徴があります。その理由として、同じ大学の仲間や先輩が手伝ってくれる可能性があり、社会人に支払う報酬よりも抑えられるからです。ただし、報酬は評価相当を渡さないとトラブルになるため、契約や同意が必要になります。

 

 学生特有の利点を有効に使おう

 

学生起業は応援してもらえる確率が高まり、クラウドファンディングでの資金を集めやすいです。学生起業家への投資を優先しているベンチャーキャピタルや投資家もいます。また、資金だけでなく、優秀な人材やアドバイスを集めやすいのもメリットです。場合によっては、経験がある人からのアドバイスや人材紹介も受けやすくなります。

 

さらに、学生などの若い人なら、失敗してもやり直しできるでしょう。万が一、業績が悪くて廃業しても、新しいビジネスや企業への就職も検討できます。

 

 学生起業のデメリット

 

学生起業のデメリットは、ビジネスに失敗する可能性もあるということです。経験や知識不足から、失敗やトラブルが起きた時に、上手に対処できない場合もあります。また、学生起業家は取引先と信頼関係を築くまで時間がかかるのもデメリットです。

 

大学で授業を受けている時は、メールや電話での返事ができないため、営業時間の縛りが出てしまいます。このような理由から、取引先として考えられないと敬遠されるケースもあるのです。ビジネスは順調に進むだけでなく、何かしらのトラブルが起きることもあります。

 

 

学生起業の分野決めとは?学生ならではの視点を生かそう!

 

起業する分野を決める時には、学生としての視点を生かすことが大切です。授業で習った内容から、将来的に需要が高いものを見極められます。自分が専攻している内容に関する仕事なら、起業後も継続しやすく、知識や経験も使えるのです。

 

友達の意見を参考にして、10代や20代が好んで利用するものを見つけるのもいいでしょう。自分や友達が欲しいと思うサービスは、他の人からも求められている可能性があります。さらに、学生の体力や行動力をいかした仕事、友達が楽しんで手伝ってくれそうな仕事にするのも手段です。

 

 

学生起業におすすめの分野を紹介!

 

学生起業でおすすめの分野は、トレンドに関連した内容です。トレンドはすでに流行っていることですが、その内容を参考にすると、将来的に需要が高いビジネスを考えやすくなります。学生起業家は、柔軟な考えと対応ができ、新しい技術も取り込みやすいです。よって、トレンドに関係した内容を研究し、自分自身が新しいトレンドを作っていく気持ちで起業するといいでしょう。

 

 IT関連

例えば、スマートフォンでゲームやアプリを楽しむ人が多いため、IT関連の開発はおすすめ分野です。プログラミングなどの知識があれば、自分1人でも運営可能で、人材や資金が少なくても挑戦できます。

 

 ファッション関連

ファッションのトレンドに沿ったビジネスをする場合、学生が対応できる時間帯と体力・資金力を考慮することが大切です。

 

ハンドメイドの服や雑貨を作り、自分のペースで販売するのもいいでしょう。時間の縛りがあり店舗経営ができない時には、ネット通販をするのも手段です。トレンドに合わせた服を集める資金力がある場合は、ファッションのレンタル業も需要が高いとされています。

 

特に、購入しても数回しか使わないパーティードレスやバッグなどのレンタル業は利用者が多いです。

 

 イベント関連

 

学生の体力や行動力に焦点を当てた仕事として、イベント関連と代行サービスの分野があります。

イベントの企画や運営をするのが好きな学生も多く、手伝ってくれる人を集めやすいです。無償で手伝ってくれる場合もありますが、一般的にはアルバイト相当の報酬があればいいでしょう。自分自身だけでなく、仲間の意見も取り入れるため、学生の視点を生かしたビジネスができます。掃除や買い物・ペットの散歩・ゲームの代行など、需要に合わせた代行サービスをするのもおすすめです。依頼主の希望に沿った内容を引き受ける便利屋をすれば、需要が高い代行内容が把握でき、今後のビジネス展開の参考になります。

 

 

学生起業は分野決めが大切!やりたいことやトレンドを重要視しよう!

 

学生起業は学業と仕事を両立させるため、仕事をしたいという強い意志と体力がないといけません。すでに多くの企業が参入している分野は失敗する可能性も高いです。

 

よって、学生ならではの視点を生かし、トレンドや学生の体力・行動力を生かした分野、成功しやすい分野にするといいでしょう。継続して行うためには、好きな分野にすることも大切です。これを参考に、学生起業を成功させてください。

 

 

プロフィール

高木 優志